Multilingual Wiki Documentation

You are currently using syntax.
In an attempt to improve PlantUML documentation...
Please do not use this website for your own diagrams.
You can click here and use the online server here for your own documentation.

Recent changes    Wiki Toc    View page history    Add new chapter    Reorder page    Raw

F.A.Q.

PlantUMLの目標は何ですか?

PlantUMLは、シンプルで人間が読むことのできるテキストの記述を使って、UMLの図を描くために使われます。 ご注意いただきたいのは、矛盾した図が描画されてしまうことです。(例えば、2つのクラスがお互いに継承し合うような図です。) ですからPlantUMLは、モデリングツールというよりはむしろ描画ツールです。

What's the goal of PlantUML ?

PlantUML is used to draw UML diagrams, using a simple and human readable text description.
Be careful, because it does not prevent you from drawing inconsistent diagrams (such as having two classes inheriting from each other, for example). So it's more a drawing tool than a modeling tool.

PlantUML Serverで生成した画像はいつまで保持されますか?

PlantUML Server で生成されたPNG画像やSVG画像へのリンクは永続的に有効です (つまりサーバが死なない限りは)。
しかしながら、どんな図もサーバには保持されません

これは矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。全ての図は圧縮されURL自身に埋め込まれます。URLを受け取ると、サーバはURLから図のテキスト情報を復元し、画像を生成します。 このため、何も保持する必要がないのです。仮にサーバがダウンしたとしても、コマンドライン-decodeurlフラグを使用すれば図の内容を取得することが可能です。さらに、図のデータはPNG画像のメタデータに保存されているため、ダウンロードした画像からも図の内容を取得することが可能です。

時折、私たちはサーバをHTTPのTRACEを有効にすることがあるかもしれません。これは主にパフォーマンスの問題(がいくつか発生した場合)でトラフィックを把握するために行います。問題が解決してしまえば、HTTPのTRACEを無効化し、ログも削除します。

また、大まかにサーバ負荷を計測するために、生成された(トップページでプリントされた)図の数をカウントしている点についてもご了承ください。

内容がセンシティブでないかについても考慮に入れてください。たとえ私たちが生成した図を保持しないと言っても、全てのトラフィックはHTTPを通るので捕捉が容易であることを念頭に入れてください。

そのため、センシティブな情報を含む図を生成しようと考えている場合は、ご自分のネットワークにローカルサーバを立てるべきかもしれません。

How long do the images generated by PlantUML Server live for?

Links to png or svg generated by PlantUML Server are valid forever (that is as long as the server is up).
However, we do not store any diagrams on our servers.

This may sound contradictory. It is not: the whole diagram is compressed into the URL itself. When the server receives the URL, it decompresses the URL to retrieve the diagram text and generates the image. There is no need to store anything. Even if the server is down, you can retrieve the diagram using the flag -decodeurl with the command line. Furthermore, the diagram data is stored in PNG metadata, so you can fetch it even from a downloaded image.

Occasionally we may activate HTTP traces on our server. This is mainly for performance issues (when we have some) to understand the traffic we get. Once the issue solved, we turn back off HTTP traces and we remove the logs.

Note that we are also counting the number of diagrams generated (printed at the home page) to measure general server load.

Concerning sensitive content: even if we do not store the generated diagrams, please be aware that all traffic goes through HTTP, so it's easy to catch.

So you should probably install a local server on your own network if you plan to generate diagrams with sensitive information.

動かない !

PlantUML は様々なシステムでインストールされており、インストール時に発生したマイナーな問題がユーザから報告されることがあります。
こちらのページをご覧になれば、何が誤っているか手引きを受けられるかもしれません。

It does not work on my config !

PlantUML has been installed on various systems, and some users have reported minor issues when installing it.
You can have a look on this page which give advises if something is wrong.

どのバージョンの Graphviz を使うべきでしょうか?

Graphviz についての 情報 や実行すべき テスト を確認してください。

テスト済みで、動作するものとなっているバージョンは以下のとおりです:

  • 2.26.3
  • 2.28
  • 2.30.1
  • 2.34
  • 2.36
  • 2.38
  • 2.44

注意: バージョン 2.39 と 2.42 は PlantUMLではうまく動作しないようです.

バージョン2.44をWindowsで使用する場合、インストールを完了させるために、以下の例のようにdot -cをコマンドラインで実行する必要があるかもしれません。

dot -cコマンドは管理者権限で実行する必要があるかもしれません。

他の選択肢は、Win32 version of GraphViz 2.44をインストールすることです。こちらの場合、インストール後の作業は不要です。

Graphviz を自身でコンパイルする場合は、 PlantUML が動作するのに必要な libexpat もビルドする必要があります。

Which version of Graphviz should I use ?

You have more information about Graphviz here and a quick test to do here.

The following version have been tested, and are known to work:

  • 2.26.3
  • 2.28
  • 2.30.1
  • 2.34
  • 2.36
  • 2.38
  • 2.44

Note that versions 2.39 to 2.42 do not work very well with PlantUML.

With version 2.44, under Windows, you may have to run dot -c in a command line to finalize the installation, like in the following example:

You may have to run dot -c with Administrator Right.

Another option is to install Win32 version of GraphViz 2.44 which does not require this post-install process.

If you compile Graphviz by yourself, you have to build it with libexpat in order to work with PlantUML.

PlantUMLは成熟したソフトウェアですか?新しいリリースはありますか?

Google Trendsは前向きな傾向です。そして、PlantUMLに関する本もいくつかあります。つまり、成熟していると言えるでしょう。

PlantUML継続的インテグレーションの考え方で開発されているので、頻繁に新規のリリースが行われ、(理想的には)後方互換性も保たれています。PlantUML.jarというファイルはその都度変更されますが、ずっと同じファイル名のままです。

使用している正確なバージョンを知りたい場合は、コマンドラインで次のように入力してください:

java -jar plantuml.jar -version

もしくは、次の特別なダイアグラム記述を使用してください:

@startuml
version
@enduml

Is this mature? I don't see any new release ?

Google Trends are somehow positive. And there are few books that mention PlantUML. So yes, it's mature.

Note that PlantUML is developed with continuous integration in mind. That means that there are new releases quite often, with (hopefully!) backward compatibility. So the file PlantUML.jar may changed over time, while keeping the same name.

If you want to know the exact version you are using, you can type in the command line:

java -jar plantuml.jar -version

or use the following small special diagram description :

@startuml
version
@enduml

プログラムの更新がないかを確認するにはどうすればよいですか?

新しいバージョンがダウンロードできるかどうかは、ダウンロードページを確認してください。

また、以下のRSSを購読することもできます。

また、次のコマンドを使用することもできます。

java -jar plantuml.jar -checkversion

このコマンドはPlantUMLのウェブサイトに接続するので、プロキシの設定が必要かもしれません。 (注意: -Dフラグは必ず-jarフラグの前に設定する必要があります。)

java -Dhttp.proxyHost=myproxy.com -Dhttp.proxyPort=8080 -jar plantuml.jar -checkversion

または、次の特別なダイアグラム記述を使用してください。

@startuml
checkversion
@enduml

次の構文でプロキシの設定を行うことができます。

@startuml
checkversion(proxy=myproxy.com,port=8080)
@enduml

How to know if a new release is available ?

To check if a newer version is available for download, you can go to the download page.

You can also subscribe to the following rss flows:

Or you can use the command line:

java -jar plantuml.jar -checkversion

This command connects to the PlantUML website, so you may have to set your proxy :
(Please note that -D flags must be set before -jar flag)

java -Dhttp.proxyHost=myproxy.com -Dhttp.proxyPort=8080 -jar plantuml.jar -checkversion

Or use the following small special diagram description :

@startuml
checkversion
@enduml

You can also set your proxy using the following syntax :

@startuml
checkversion(proxy=myproxy.com,port=8080)
@enduml

Eclipseプラグインにてエラーメッセージが表示されたのですが

以下のようなエラーメッセージが表示されたようでしたら :

The currently displayed page contains invalid values

Windows/Preferences/PlantUML が表示されている場合、Eclipseを終了して、コマンドラインから-cleanフラグを使用してみてください。

eclipse -clean

I have an error message with the Eclipse Plugin.

If you have the following error message :

The currently displayed page contains invalid values

when displaying the Windows/Preferences/PlantUML, you should try to quit Eclipse and use the -clean flag on the command line:

eclipse -clean

サイズの大きな図を作成したい

PlantUMLは画像の幅と高さを4096に制限しています。この制限を上書きするための環境変数PLANTUML_LIMIT_SIZEが存在します。PlantUMLが起動される前にこの環境変数が設定されている必要があります。以下のように設定できます。

set PLANTUML_LIMIT_SIZE=8192

または

setenv PLANTUML_LIMIT_SIZE 8192

以下のように、コマンドラインの引数として指定することもできます。

java -DPLANTUML_LIMIT_SIZE=8192 -jar /path/to/plantuml.jar ...

ただし、非常に大きな(例えば、 20 000 x 10 000 ピクセルを超えるような)図を作成しようとした場合、メモリ問題が発生する可能性があります。 この場合、以下のパラメータをjava vmに与える必要があります。-Xmx1024m.

I want to generate huge diagrams!

PlantUML limits image width and height to 4096. There is a environment variable that you can set to override this limit: PLANTUML_LIMIT_SIZE. You have to define this variable before launching PlantUML, something like:

set PLANTUML_LIMIT_SIZE=8192

or

setenv PLANTUML_LIMIT_SIZE 8192

Another way is an option in the command line:

java -DPLANTUML_LIMIT_SIZE=8192 -jar /path/to/plantuml.jar ...

Note that if you generate very big diagrams, (for example, something like 20 000 x 10 000 pixels), you can have some memory issues. The solution is to add this parameter to the java vm : -Xmx1024m.

アクセント付きの文字を使用したところ、問題が発生しました。

文字コードは注意を要する問題です。デフォルトではPlantUMLは、プラットフォームのデフォルトの文字コードを使用します。それはUTF-8かもしれませんし、違うかもしれません。使用している文字コードを知りたい場合は、次のコマンドを使用してください:

java -jar plantuml.jar -help

...
-charset xxx To use a specific charset (default is windows-1252)
...

違う文字コード(例えばUTF-8)を使いたい場合は、-charsetフラグを使用してください:

java -jar plantuml.jar -charset UTF-8 ...

unicodeに関する情報はこちら。Javaは、UTF-8に設定した場合でもB.O.M. (Byte Order Mark)をサポートしませんが、PlantUMLに回避策が含まれているので、これに関する問題は発生しません。

I have issues with accented characters.

Characters encoding is a subtle thing... By default, PlantUML use the default charset of your platform, which may or may not be UTF-8 . If you want to know which charset you are using, you can type the following command:

java -jar plantuml.jar -help

...
-charset XYZ To use a specific charset (default is windows-1252)
...

If you want to use a different charset, for example UTF-8, you can use the -charset flag :

java -jar plantuml.jar -charset UTF-8 ...

You can also find here information about unicode . Note that even if Java does not support B.O.M. (Byte Order Mark) in UTF-8 format file, a workaround has been put into PlantUML, so this should not be an issue.

日本語のようなアジア圏の文字を使用したところ、問題が発生しました。

PlantUMLを起動する前に、シェルでLANG変数にja_JP.UTF-8を設定する必要があると、日本人のユーザから報告が上がっています。

export LANG = ja_JP.UTF-8

新しいアーキテクチャの採用後は、Javaで東アジアの文字を描画できるようになったので、この対応は不要になりました。

I have issues with Asian characters.

Some Japanese users reported that they have to set the LANG variable to ja_JP.UTF-8 in their shell before launching PlantUML.

export LANG = ja_JP.UTF-8

Since the new architecture, it should simply work, because Java knows how to draw East Asian characters.

EPS形式のファイルはどのようにして作成するのですか?

コマンドラインにて -eps フラグを入力するか、ANT タスクにて format="eps" を指定してください。

How to generate EPS ?

You can use the -eps flag in the command line, or format="eps" in the ANT task.

XMI形式ファイルの対応状況は ?

現在、対応に向けて 取り組んで います。

What about XMI ?

Work is in progress.

-pipeフラグを使う場合にも@startumlが必要ですか?

短い回答: ダイアグラムの開始には必ず @startuml (もしくは @startditaa、@startjcckit...)を使用してください。

長い回答:

@startuml/@startditaa/@startjcckit はダイアグラムの種類(uml, ditaa, jcckit...)を決定するのに役立っています。そして、@start○○の後に任意でファイル名を記述することができます。また、一つのファイルに複数のダイアグラムを含めることもできます。

PlantUMLの過去のバージョンでは、ditaaやjcckitをサポートしていませんでした。-pipeフラグを使用すると、標準出力にダイアグラムが生成されるため、標準入力から入ってくるダイアグラムは1つだけです。そして、ファイル名を指定する必要もありません。これらの理由から、-pipeフラグを使う場合、@startumlは不要でした。

その後、この仕様は訂正されることになり、-pipeフラグを使用した場合も含めて、常に@start○○が必要となりました。これは、ユーザの混乱を防ぐためでもあります。 残念ながら、-pipeフラグ使用時に@startumlが不要であるという事実に基づいて作られた既存のスクリプトが存在しているため、それらの古いスクリプトが実行できるように、この仕様はdeprecatedな選択肢として残してあります。私たちは後方互換性に気を配っています。

新規のスクリプトでは、この仕様に頼らず、-pipeフラグ使用時も@start○○/@end○○を使用してください。

Is @startuml needed in with -pipe flag ?

Short answer: You do have to use @startuml (or @startditaa/@startjcckit...) when starting a diagram.

Long answer:

The @startuml/@startditaa/@startjcckit is useful to determine the type of diagram (uml, ditaa, jcckit...), and because you can optionally put a filename after the @startXYZ. This also allows to have several diagrams inside the same file.

Earlier versions of PlantUML were not supporting ditaa or jcckit. When you use -pipe flag, since the diagram is generated to standard output, there could be only one diagram in the standard input. And there is no need to specify a filename. For all those reasons, @startuml was not needed when using -pipe flag at that time.

Latter, it has been decided to normalize this, and to impose @startXYZ everywhere, even with -pipe flag, because it was confusing for users. Unfortunately, since some existing scripts were already using the fact that @startuml is not needed in -pipe flag, it has been decided to keep this as a deprecated option, just to allow older scripts to run. We indeed do pay attention of ascending compatibility.

For newer scripts, you should not rely on this, and use @startXYZ/@endXYZ with the -pipe flag.

PlantUMLはどのライセンスで配布されていますか?

PlantUMLはGPLライセンスの下で配布されています。 次のコマンドラインオプションを使ってライセンスを出力することができます。

java -jar plantuml.jar -license

もしくは次の特別なダイアグラムを使用してください。

@startuml
license
@enduml

Under which license is PlantUML distributed ?

PlantUML is distributed under the GPL license.
You can print the license using the command line option:

java -jar plantuml.jar -license

Or you can use the special diagram:

@startuml
license
@enduml

私は GPL ライセンスなんて嫌いですよ! 大っ嫌い!!

以下のライセンスも利用可能です:

これらのバージョンには、いくつかの機能(例えばDITAA)が含まれていません。しかしUMLダイアグラムの生成に関しては100%可能です。

これらのバージョンでライセンスを出力するには、次のコマンドラインオプションを使用します:

java -jar plantuml.jar -license

もしくは、特別なダイアグラムを使用することができます:

@startuml
license
@enduml

I don't like GPL!

You can also use:

Those versions miss few features (DITAA for example), but are 100% able to generate UML diagrams.

You can print the license of these versions using the command line option:

java -jar plantuml.jar -license

Or you can use the special diagram:

@startuml
license
@enduml

PlantUMLによって生成された画像にはGPL/LGPL/ASL/EPL/MITライセンスが適用されますか?

いいえ、いずれも適用されません。

PlantUMLを実行して生成した画像は、そのフォーマット(PNG, SVG...)にかかわらず、対応するソースコード(つまり、PlantUML言語のテキストによる記述)の作成者の所有物となります。

PlantUMLを実行して生成した画像は、「対象著作物(covered work)」とはみなされません。それらは自由に使用することができます。

生成された画像を使用する際に、GPL/LGPL/ASL/EPL/MITいずれのライセンスに言及する必要もありません。また、PlantUMLによって生成されたことを明示していただくとPlantUMLチームは喜びますが、これは必須の要求事項ではありません。

例外として、PlantUML言語で書かれたテキストに何らかのライセンス(GPL/LGPL/ASL/EPL/MITなど)が適用されている場合、論理的には生成された画像もそのライセンスの対象となります。

Are images generated by PlantUML covered by the GPL/LGPL/ASL/EPL/MIT license ?

No, they are not.

Images (whatever their format : PNG, SVG...) generated by the execution of PlantUML are owned by the author of their corresponding sources code (that is, their textual description in PlantUML language).

Images generated by the execution of PlantUML are not considered as covered work. You can do whatever you want with them.

The generated images can then be used without any reference to the GPL/LGPL/ASL/EPL/MIT license. It is not even necessary to stipulate that they have been generated with PlantUML, although this will be appreciate by PlantUML team.

There is an exception : if the textual description in PlantUML language is also covered by some license (like the GPL/LGPL/ASL/EPL/MIT), then the generated images are logically covered by this license.

LGPL版バイナリファイルのPlantUML.jarを再配布することはできますか。また、その場合に制限事項はありますか。

Javaのソースコードとjarファイルに手を加えていない限り、他のクローズドなソフトウェアにPlantUML.jarを組み込むことができます。

唯一の制限事項は、ソフトウェアがPlantUMLを使用していてPlantUMLがLGPLの下で配布されているということを、そのソフトウェアのライセンスもしくはドキュメンテーション中に表示する必要があるということです。

それ以外の制限事項は無く、そのソフトウェアを販売して対価を得ることも可能です。(しかしながら、その場合でも寄付は歓迎します:-))

Can I redistribute the LGPL binary file PlantUML.jar and if there any constraints about it?

As long as you do not modify the Java source code and the jar file, you can integrate PlantUML.jar in your own closed source software.

The only constraint is that you have to mention somewhere in your own license or in your documentation that you are using PlantUML and that PlantUML is distributed under LGPL.

You can then even sell your software and earn money, without any other constraints (although donation will be appreciate in that case :-)

PlantUML記法のライセンスはどうなっていますか?

PlantUML記法自体にはライセンスはありません。つまり、誰でも使うことができます。

コード中のコメントとしてPlantUMLを使用することができます。そのコメントはあなた自身の所有物となります。それらは「対象著作物(covered work)」とはみなされず、GPL/LGPL/APL/EPL/MITライセンスの対象でもありません。

実装されたもの(つまり、PlantUMLのプログラム)のみがGPL/LGPL/ASL/EPL/MITライセンスの対象となっています。一方で、PlantUMLのウェブサイトで公開されている文書類(使用例や注意事項など)は、著作権で保護されています。しかし、オリジナルのドキュメンテーションを作ることは可能です。

What is the license of the PlantUML syntax?

There are no license for the PlantUML syntax itself : this means that everybody can use it.

So you can use PlantUML comments into your own code : those comments are owned by yourself, and are not considered as covered work, and are not covered by the GPL/LGPL/APL/EPL/MIT license.

Only the current implementation (that is, PlantUML program) is licensed under GPL, LGPL, ASL, EPL or MIT. On the other hand note that the documentation (examples, notices, ...) published in the PlantUML website is copyrighted. But you can still write your own documentation.

WordマクロをJava 7で実行すると、"file not found"というメッセージが表示されました。

環境変数を設定する必要があるかもしれません。Windowsの環境変数設定で、次の2つの変数を探してください:

変数PATHの値に、;C:\Program Files\Java\jre7\binを追加
変数CLASSPATHの値に、;C:\Program Files\Java\jre7\libを追加

If they do not exist, create new User Variables:

変数PATHの値に、.;C:\Program Files\Java\jre7\bin.;を追加
変数CLASSPATHの値に、.;C:\Program Files\Java\jre7\lib.;を追加

I have a message "file not found" when running the Word Macro with Java 7!

You may have to properly set Environment Variables. To fix go into Windows Environment Variables settings and find these two variables:

Variable Name: PATH, Add to Value: ;C:\Program Files\Java\jre7\bin
Variable Name: CLASSPATH, Add to Value: ;C:\Program Files\Java\jre7\lib

If they do not exist, create new User Variables:

Variable Name: PATH, Add to Value: .;C:\Program Files\Java\jre7\bin.;
Variable Name: CLASSPATH, Add to Value: .;C:\Program Files\Java\jre7\lib.;

EmptySvgExceptionとは何ですか?

PlantUMLはGraphvizを使用してダイアグラムを生成しています。PlantUMLはdotプログラムを実行し、dotにより生成されたSVGデータを取得します。

このメッセージは、PlantUMLがdotプログラムから、空のSVGデータを受け取ったためUMLダイアグラムの生成に失敗した場合に表示されます。これにはいくつかの理由が考えられます。

  • Graphvizのインストールに問題があった場合。クラス一つだけなどの簡単なダイアグラムの生成を試してみてください。
  • Graphvizのバージョンが古すぎて、PlantUMLから渡された情報を処理できなかった場合。testdotコマンドでバージョンを確認してください。
  • ダイアグラムが複雑すぎる場合。
  • PlantUML and/or dotのバグ。

What does EmptySvgException mean ?

PlantUML is using Graphviz to generate some diagrams. So PlantUML is launching dot program and retrieve the information generated by dot as a SVG flow.

This message means that PlantUML is getting an empty flow from dot execution, and therefore cannot generate UML diagrams. There may be several reasons why this happens:

  • There is an issue with your Graphviz installation. Try a very simple diagram, with only one class for example.
  • Your version of Graphviz is too old and is crashing with information provided by PlantUML. Check your version with testdot
  • Your diagram is too complex.
  • There is a bug in PlantUML and/or in dot.

X11やheadlessに関するエラーメッセージが表示されました。

PlantUMLをグラフィック機能の無いLinuxサーバーで実行すると、何らかのエラーが表示される場合があります:

  • Can't connect to X11 window
  • X11 connection rejected because of wrong authentication.
  • HeadlessException

基本的にこれは、PlantUMLがグラフィック関連のリソースを必要としていることが原因です(詳しくはこちら)。 PlantUMLをheadlessモードに設定するには-Djava.awt.headless=trueフラグを使用してください。

例:

/usr/bin/java -Djava.awt.headless=true -jar /data/PlantUml/plantuml.jar ...

I have a message complaining about X11 or headless!

If you are running PlantUML on a linux server without graphical capability, you may have some error message:

  • Can't connect to X11 window
  • X11 connection rejected because of wrong authentication.
  • HeadlessException

Basically, this is because PlantUML needs to have access to some graphical resources (more information here). You can turn PlantUML to headless mode, using the flag -Djava.awt.headless=true. For example:

/usr/bin/java -Djava.awt.headless=true -jar /data/PlantUml/plantuml.jar ...

Mac OS XでUnsatisfiedLinkErrorというエラーが表示されます。

Mac OS Xで次のようなエラーが表示された場合、

Error java.lang.UnsatisfiedLinkError / liblwawt.dylib /libosxapp.dylib

次のサイトの説明に従ってください。http://stackoverflow.com/questions/25914757/osx-yosemite-jvm-shared-library-does-not-contain-the-jni-createjavavm-symbol:

  1. JavaForOSXというパッケージをダウンロードし、インストールします。
  2. AptanaStidio3.iniというファイルを探します。デフォルトでは次のディレクトリにあります: /Applications/Aptana Studio 3/AptanaStudio3.app/Contents/MacOS
  3. -vm引数で使用するJavaを指定してAptana Studioを起動します: -vm /Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home/bin/java

Java 6のみで動作するようなので、次のようなエイリアスを定義してスクリプト中で使用してください。

alias java6="export JAVA_HOME=$(/usr/libexec/java_home -v 1.6.0)"

I have an UnsatisfiedLinkError under Mac OS X !

Under Mac OS X, if you have some error message like:

Error java.lang.UnsatisfiedLinkError / liblwawt.dylib /libosxapp.dylib

You need to follow the instructions on http://stackoverflow.com/questions/25914757/osx-yosemite-jvm-shared-library-does-not-contain-the-jni-createjavavm-symbol:

  1. Download and install the package: JavaForOSX.
  2. Found the file AptanaStidio3.ini, the file by default located under the directory here: /Applications/Aptana Studio 3/AptanaStudio3.app/Contents/MacOS
  3. Add -vm argument to specify the java which will be used to lunch Aptana Studio: -vm /Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home/bin/java

This seems to work only under Java 6, so you may define the following alias to be used in your scripts.

alias java6="export JAVA_HOME=$(/usr/libexec/java_home -v 1.6.0)"

PlantUMLスクリプトがキーボードフォーカスやウィンドウフォーカスを奪ってしまいます。

設定に応じて、次のフラグを試してみてください。-Djava.awt.headless=true.
例:

/usr/bin/java -Djava.awt.headless=true -jar /path/to/plantuml.jar ...

PlantUML scripts are grabbing keyboard/window focus!

Depending on your configuration, you can try the flag -Djava.awt.headless=true.
For example:

/usr/bin/java -Djava.awt.headless=true -jar /path/to/plantuml.jar ...

問題を発見しましたが、問題を再現するダイアグラムに機密情報が含まれているため、それを提供することができません。

コマンドラインで-cypherオプションを使用すると、通常の画像ファイルの代わりに.preprocファイルを生成します。

生成された.preprocファイルは、入力されたダイアグラムに似ていますが、すべての単語(PlantUML言語のキーワードを除く)がランダムな文字列に置き換えられています。

-cypherオプションを付けて何度か実行すると分かるように、毎回異なるテキストが生成されます。 また、この変換を行っているCypher.javaを見ると、元のダイアグラムを復元するようなバックドアが存在しないことを確認できると思います。

元のダイアグラムで何か問題が発生する場合、変換されたファイルでも同じ問題が発生することが期待できます。 変換後のファイルは全く無意味なものなので、安心して私たちに送ってください。あなたが元々何を作っていたのかを推測する手段は、私たちにはありません。

しかし、問題を再現して修正することができれば、元の(機密情報を含む)ダイアグラムでも問題が解消するでしょう。

I found an issue, but I cannot provide my diagram showing the issue because my diagram contains confidential data

There is a -cypher option the command line that generates a .preproc file instead of regular image file.

The .preproc generated file looks like the input diagram expect that all words (except PlantUML language keywords) have been replaced by a random set of letters.

You can double check this by running several time the -cypher option (you will get a different text each time). You may also look at the Cypher.java class used to execute this transformation to be sure that there are no backdoor there to retrieve back your original diagram.

If there is an issue in your original diagram, the same issue is likely to also occur with the cyphered one. Since the cyphered text is really meaningless, you can safely share it with us : there will be no way for us to guess what you are really working on.

But we will be able to reproduce the issue and fix it so that you can have your original (and confidential) diagram working.

質問の回答がここにはありませんでした!

その場合には、この フォーラム で質問してみてください。

きっと誰かがあなたの質問に回答してくれるでしょう!

I have a question that is not here!

You can use the forum facility.

Someone will try to answer your question there.


Please report any bugs to plantuml@gmail.com or here.
This website is still in beta testing.